「安眠導入・不眠症改善」の精油(エッセンシャルオイル)

女性を中心に人気の精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は私たちの生活をサポートしてくれます。

 

 

 

下記では、不眠症改善に有効で「安眠に役立つ」精油を紹介しています。

 

 

 

自分に合った精油(アロマ・エッセンシャルオイル)を見つけて暮らしを癒しを作りましょう。


(ジ)カモミール

ジャーマンカモミールは濃厚な甘い香りを持ち、よく「優しいリンゴの花のような香り」と表現をされる精油です。

現代でもヨーロッパでは体を芯から温める効果があることから「子供の風邪予防」などに普段からハーブティーとして常飲されます。

(ロ)カモミール

ローマンカモミールは青リンゴのような新鮮で甘酸っぱい香りと表現されることが多いです。

ハーブティーとして利用する際は消化を助け、安眠を促す作用があるとされ、多くの人に幅広く愛飲されるようになってきた、精油(アロマオイル)です。

タンジェリン

タンジェリンは植物学的にはマンダリンと同じ種類に属しています。

また、芳香も非常によく似ていると言われています。

しかし、「タンジェリン」の方がマンダリンよりも若干弱めで微妙なニュアンスを持つ香りと表現されているアロマオイルです。


バイオレットリーフ

マリー・アントワネットが生前愛していたと言われている、希少なハーブでもありす。

また、一般的にバイオレットリーフの精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)はスミレの葉から抽出されます。

バレリアン

バレリアンはの語源は、ラテン語のValere(幸福)に由来しています。

ギリシャ時代から薬用として利用され、神様の睡眠薬として名高く、中世ヨーロッパでは「オールヒール(すべてが治る)」と言い伝えられています。

マートル

マートは別名「ギンバイカ」と呼ばれる北アフリカ、イランを原産とし、親しまれている常緑低木(ハーブ)です。

花は直径3㎝ほどの、可愛らしい印象を与え、旧約聖書では平和との関連で記されされます。