柑橘系アロマオイルの効能・効果一覧

このページでは「レモンやオレンジ」のような爽やかな芳香の中に、ほのかな酸味を放つ香りが特徴的な柑橘系の香りタイプに属しているアロマオイルを紹介しています。

 

 

 

精油(アロマオイル、エッセンシャルオイル)には私たちの生活をサポートする効果があります。

 

 

 

自分に合った精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)を見つけて暮らしを癒しを作りましょう。


レモングラス

レモングラスはハーブティー(お茶)としても人気があります。

ちなみに、レモングラスのアロマオイルは心身ともに疲労したときにオススメです。

レモン(檸檬)

レモンとはインドを原産とするハーブです。

レモンのアロマオイルには体をいろいろな感染症から守る白血球を刺激する効果があります。

ユズ(柚子)

ユズ(柚子)は料理の香りづけなどに使用されます。

また、ユズ(柚子)の香りには疲労回復やビタミンCによるスキンケア効果も期待できます。


ライム

ライムはミカン科に属し、アジアを原産とする低木のハーブで、ライムのアロマオイルはちょっとした苦みのある香りを感じさせます。

グレープフルーツ

グレープフルーツの精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)を使用した芳香浴やアロマオイルバスがオススメされています。

オレンジスイート

オレンジスイートは甘味の強い香りを持つ果実で、成果中から好まれるフルーツとして知られ、近年ではアロマテラピーにも利用されます。


シトロネラ

シトロネラはインドを原産とするイネ科の多年草です。

古来より虫よけとして利用され続けています。

また、鎮静作用があることから「緊張や心配」などを和らげます。

タジェット

タジェットの精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)は鮮やかなオレンジ色の花が満開になったころに採取されました。

その薬効には「ストレス解消や不眠症」に効果的です。

レモンバーム

レモンバームは別名メリッサと呼ばれています。

また、柑橘系の精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)として人気です。

近年では、レモンバームハーブティーとしても利用されています。


マンダリン

マンダリンまたはマンダリンオレンジの精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)は、気持ちを落ち着かせてくれるハーブで、食欲を増進させ、消化器系の強化を促し、便秘解消をサポートする効能があります。

ベルガモット

ベルガモットの精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)には「憂鬱や心配、緊張、怒り」などの感情を落ち着かせることで、安眠効果を得ら、ブレンドに利用する場合は、「ラベンダー・ゼラニウム」との相性がよいと言われます。

プチグレイン

プチグレインはオレンジの木から取れる3種類の柑橘系の精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)のひとつで、プチグレインとは「小さな粒」を意味します。また、芳香には「気持ちを前向きにしリフレッシュする効果があります。


タンジェリン

タンジェリンは、植物学的にはマンダリンと同じ種類に属しています。

芳香も非常に似ていますが、精油成分には不眠症を改善する効果があります。